COLUMN

コラム

八女茶を取り寄せしよう!~お歳暮・お中元の時期~

八女茶の取り寄せが可能な【製茶匠 鵜ノ池】

八女茶の取り寄せが可能な【製茶匠 鵜ノ池】

八女茶取り寄せが可能な【製茶匠 鵜ノ池】では、安心して飲んでいただけるように、土づくりから徹底的にこだわり、なるべく農薬を使わない栽培を心がけています。

定番の煎茶はもちろん、白折茶、ほうじ茶なども販売していますので、お好みに合わせてお選びください。

八女茶を販売する【製茶匠 鵜ノ池】ではお歳暮・お中元にぴったりのギフトセットも販売中!

八女茶を販売する【製茶匠 鵜ノ池】ではお歳暮・お中元にぴったりのギフトセットも販売中!

八女茶を販売する【製茶匠 鵜ノ池】では、お歳暮お中元などの贈答品にぴったりのギフトセットもご用意しています。

ラッピングやのし対応も承っておりますので、お気軽にご活用ください。

お中元・お歳暮を贈る時期

日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈るのがお中元・お歳暮です。贈る際は適した時期があり、時期を逃してしまった場合は表書きが異なるので注意する必要があります。

お中元の時期

お中元とは、日頃の感謝とともに暑さが厳しい夏の時期に息災を願って贈る品のことを指します。したがって、本格的な夏が始まる7月上旬〜7月15日までに贈るのが一般的です。しかし、関西地方ではお盆を8月に行いますので、7月下旬~8月15日までに贈りましょう。この時期を過ぎた場合の表書きは、立秋(8月7日ごろ)までは「暑中御見舞」や「暑中御伺」、立秋を過ぎた際(関西は8月16日以降)には「残暑お見舞い」となります。

お歳暮の時期

お歳暮は、1年の感謝とともに、新年もよろしくお願いしますという気持ちを込めて贈る贈答品です。その名の通り年の暮れに贈るのが一般的で、「事始めの日」と言われている12月13日から12月31日までには先方に届くようにしましょう。しかし、年末は何かと忙しい時期ですので、20日までに届くように贈ることをおすすめします。また、年内に贈れなかった場合は表書きを1月7日、関西の場合は15日までは「御年賀」、それ以降立春(2月4日ごろ)までは「寒中見舞い」とします。

お役立ちコラム

八女茶をお探しなら【製茶匠 鵜ノ池】の通販

会社名 有限会社鵜ノ池製茶工場
代表者 溝田 チサ子
住所 〒834-0055 福岡県八女市鵜池1160
Tel 0943-23-5519
Fax 0943-23-5467
事業内容 八女茶の生産・製造
八女茶の小売販売・通信販売(ブランド名:製茶匠 鵜ノ池)
卸販売・輸出(ブランド名:UNO JAPAN)
URL http://www.unoike.jp/